エイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

「付き合い方」を考える

私達は結構いろんなものと「何となく」付き合っています。

 

テレビ⇒何となく観てしまう

コンビニ⇒何となく寄ってお菓子を買ってしまう

仕事⇒何となく惰性で今の仕事をしてしまう

お金⇒何となく使ってしまう

時間⇒何となく過ごしてしまう

集まり⇒何となく参加してしまう

住まい⇒何となくここに住んでいる

彼女⇒何となく付き合っている(これはいけない)

友達⇒何となくいつも同じ人といる

ブログ⇒何となく毎日書いている

SNS⇒何となく見てしまう

 

この「何となく」とは意識していないということなので少しもったいないかもしれません。例えば

 

テレビ⇒身になる良質な情報を手に入れるために予約録画で観る

コンビニ⇒コンビニの利便性を利用する為だけに寄る

仕事⇒自己成長と家族を養うために働く

お金⇒将来やりたい事をやる為に必要額を貯める

時間⇒自分の目標に向かって集中的に時間を投下する

集まり⇒自己成長の為に意図をもった集まりに対して決めた頻度で参加する

住まい⇒時間お金楽しみなど総合的に考えて住まいを選ぶ

彼女⇒人生のパートナーとして自分以上に大切する

友達⇒だんだん書けなくなってきたぞ…

ブログ⇒毎日学びを言葉にして自分のものにする為に書く

SNS⇒良質な人間関係を構築する

 

などなど。

何故自分は対象物と関わっているのか、その目的を自分の価値観に基づいて判断し、意図をもって関わるのが大事じゃないかなと思います。

 

付き合い方を考えればもっと対象物に時間を注いだ方がよいのか、距離を置いたほうがいいのか、頻度をかえたり、止めたりできます。空いた時間をもっと重要なことに使いましょう。

 

こんなこと私が普段から考えているかと言われれば、正直そんなことありません。

でも何となく悪い意味で流されているなと感じたときは少し考えてみると良いかもしれません。

 

皆さんの2020年の目標何でしたか?

さっさと赦して次行こう

今日は脳ドックに行ってきました。

 

テレビで見るトンネルみたいな機械に頭を突っ込んでウィーンとやって、MRI、尿検査、血管年齢、血圧などなど。機械の中ではスーパーマリオの第一音目が連発して鳴っていました。(分かる人いない)

 

詳細の結果報告は後日郵送で頂けるのですが、その場で大体の結果を教えてもらったところ……なんと!

 

………

 

 

全く問題ないとの事でした。

偏頭痛は生活習慣の影響が大きいから良質な生活習慣を築いてねというお言葉。

それを言われてはもう何も返す言葉がない。

ま、異常がなくて一安心でした。有難い、有難い。

 

今日は久しぶりにトラブルに巻き込まれました。

相手に非があると思うのですが、筋が通っていないことを仰ったので私の意見を伝えたところ、何とか採用してもらえるようです。

 

私も相手に迷惑をかけることがあるし、かけられることがあります。

昔、迷惑をかけた方の家に上がって正座してお叱りを受けてお詫びしまくったことがあります。(その時は超小さくなってました…)

 

自分が迷惑をかけたらまずは誠心誠意対応して謝る!

それで良いんじゃないでしょうか。

 

逆に迷惑をかけられて相手から十分な対応をしてもらえなかった場合は、その人との付き合いをやめてあとはその人のことを「赦す」。

 

それで良いんじゃないでしょうか。いつまでも腹を立てていても自分の精神状態に悪いし、自分の為にも赦しましょう。毎日気分良く生きる事が大事なんではないでしょうか。

ひたすらネジを仕分ける簡単なお仕事です

今日はネジを袋から出して金属の種類ごとにひたすら分類するという仕事をしました。

間違えると細かいネジの山から間違って入れたネジ達を一本ずつ拾い上げるという地獄で行われるような作業に従事しました。おかげで一目で金属の種類が見分けられるようになりました。時計回りに鉄・アルミ・真鍮・銅・ステンレスです。

時給0円×実働6時間=日給0円のお仕事でした。

f:id:h-man1987:20200126233037j:image

 鉄くずやに持って行くんですが、いくらになるかなぁ…。

今日の話は当たり前の話なので興味がない方はスルーして下さい。

 

このひたすらにネジを仕分けする作業、何をやっているかというとエイチマン商店の不良在庫を整理しているんです。売れるものは売って、ダメな商品は廃棄。金属類はお金に換えられるので金属の種類ごとに分けているわけです。アルミとか真鍮は高いのよ。

 

エイチマン商店は今ほとんど本業の売上がありません。

売上を稼ぐ力が全くないわけです。売上ゼロです。

 

今やっているネジを分けて売りに行く作業を貸借対照表だけの仕訳でいうと

(話を単純化するために損益科目なしです)

 

現金100/棚卸資産100

 

という感じ。ホントは廃棄は売ると雑収入かな?

自営業なので賃金は発生しません。

ただ先日ブログにも書きましたが、他人にお金をお支払することになりました。

 

これを仕訳で書くと

(現金100/棚卸資産100)

人件費50/現金50

 

エイチマン商店の総資産は50しかありません。

もう一回お手伝い頂いたら総資産がゼロになります笑

何にもなくなってしまう。

 

何故そうなるかというとエイチマン商店には売上を稼ぐ力がないので資産が増えないのです。正確に言うと稼ぐ力つまり稼ぐアイデアは今私の頭の中にあるだけで現実化されていません。

 

皆さんが働かれている会社で総資産がゼロになるなんてことは滅多にないと思います。それは売上が上がるからですよね。

 

商社の経理部で働いていた私は当時空を見上げてこんなことを考えていました。

「給料いつ上がるんだろうなぁ。ボーナスはいくらもらえるんだろうなぁ」

しばらく同じ事を考えていました。

 

でもこれは言い換えると

売上のことを考えずに

賃金/現金

という仕訳だけの世界しか考えていないことになります。

 

そういうやつが一杯いると売上が立たずに資産だけが減っていきます。

 

お金を払う側からすると、売上を将来立てるために人間にお金を払っている(投資している)と考えます。売上マシンを動かしてくれる、大きくしてくれると期待してお金を払うわけです。反対にお金をもらう側はそのお金を払う側の意図を汲み取らず、「給料あがんねぇかにゃぁ…」と思っているわけです。これではいけません。

 

売上が立たない総資産100の会社が社員にお金を払わないといけないとなると100の中で考えないといけません。だからなるべく社員には少ない給料を上げたいわけです。でも社員は高い給料が欲しいわけです。売上が立たないのでどこまでいっても100の範囲のゼロサムゲームになります。

 

しかしここで会社も総資産をもう20増やして120にすれば、会社も10取れるし、社員も10取れます。会社・社員ともに120の事を考えなければ共に繁栄しません。これはどういうことかという売上を稼ぐアイデアを考えて実行するということになります。

 

管理部門の人間であれば効率的な会社運営をして利益を増やすでもいいでしょう。

 

100から120にして会社も10もらえて社員も10もらえるというのが理想です。

 

大きな会社になると売上を稼ぐ大きな損益システムがあるので一社員はそんなことを考えることがないかもしれませんが、根源的な構造は規模の大小はあれど今述べたとおりだと思います。120に自分の力でしないと給料は増えない。

 

だから会社と自分、WINWINの関係をお互いに考えて、売上を稼ぐアイデアやシナリオを持っておかないとダメですね。大きな会社であればおそらく担当取締役がその辺のアイデアをもって大きな考えでやっていると思います。

 

このアイデアやシナリオを持っていない経営陣がやっている会社はヤバイと思います。

 

エイチマン商店は私しかいませんが、精一杯頭を絞って、良質な損益システムを構築してBSを大きくしていきたいと思います。

 

まだネジ山ほどあるんだけど………………。

しばらくは一人経営者…ではなくネジの仕分け作業員です。

負債がないのが救いだね。

ピッツバーグの友人にお誕生日メッセージ

いろいろやっていたら更新が日付を越えてしまった。

 

今日はアメリカピッツバーグに住む大学時代の親友にお誕生日メッセージを送りました。ピッツバーグって何があるんでしょうか?アンドリューカーネギーくらいしか知りません…。

 

仕事とは全く関係がない昔からの気の合う友人というのは本当にかけがえがない存在です。心が通った人というのは連絡していなかった時間を飛び越えることができます。

 

彼は大学で知り合いましたが、実は隣の小学校出身で、中国とモンゴルに旅行に行きました。

 

社会人になって10年経つと、社会人1年目は競争だ!みたいな雰囲気がありましたが、今はみんなやっていることがばらばらになって比較なんて出来なくなりました。

 

でもやっぱりその人がやりたい事というのはその人独自のものであって、それは大学時代に既に言っていたことだったりします。それに素直に従って行動している人間は独特の雰囲気が出てきますね。

 

彼は中国モンゴル旅行は今でも良い思い出だと言ってました。

思い出に残るっていうのは良いですね^^

 

今日は何が言いたいブログなんだろう…笑

 

使い勝手が良くて牽引力のある人材

今日自転車を漕いでいたらふと思ったこと。

 

組織で働く上で重宝される人間は

「使い勝手が良くて牽引力のある人材」

なのではないかと。

 

自分ひとりで商売をする場合は、自分が良いと思ったことをガンガン進めていけば良いと思うのですが、組織の中で働くとなると少し違います。

 

組織にいると自分が思う事と他人様が思うことが違う時があります。それは立っているポジションが全く違うからです。だから少し杓子定規ですが、組織にいる場合、上から降ってきた指示は完全イエスで即行片付ける。指示をもらった時点で不平不満をグチグチ言っていてはただの使い勝手の悪い人間に成り下がってしまいます。

 

しかしただのイエスマンだと組織にぶら下がるだけの人間になってしまうのでさっさと仕事を片付けて仕事を作り出し、組織を引っ張る。そんな両方ができる人間だと組織で重宝されるのではないでしょうか。

 

これは後藤田五訓にも通じるような気がします。

 

①省益を忘れ、国益を想え

②悪い、本当の事実を報告せよ

③勇気を持って意見具申をせよ

④自分の仕事でないと言うなかれ

⑤決定が下ったら従い、命令は実行せよ

 

ひどく日本的に感じるかもしれませんが、これが日本人の良いところかもしれません。

良い意味で世界に通じる日本の強さは団結力が強い軍隊アリみたいな組織かもしれません。(何か日本語おかしいな)

脳ドックを予約しました

予防的な検査なのでご心配なく。来週、脳ドックを受けることにしました。

 

私は中学生の事からずっと偏頭痛持ちであまりにも痛くて救急車で運んでもらったことがあります。偏頭痛は今でも治らず、たまに1日寝ていることがあります。中学生の頃にMRIを受けたことがあり、その時は異常ありませんでした。

 

それから15年経ち、脳みそも成長しているのかしていないのかよく分かりませんが、このタイミングで一度、検査してみようと思います。

 

今は全く問題ないのですが、何か起こってからでは遅いので何事も事前対応をするということで。何もなかったらそれで安心だし、何かあれば対策がとれますのでね。

 

税込で22,000円かな。何かが起こってからではその損失は22,000円では済みません。人間ドックも受けたいですが、ひとまず脳みそチェックをしてもらうことにしました。

 

検査結果が出たら皆さんに私の脳みそ写真をみてもらおうかな。

すっからかんだったら笑ってください。

どんな日も一定の成長率で成長する

いろんな日があります。良い事があった日、思うように行かなかった日、自信を失くした日、想定外の事が起こった日、まぁいろんな日があります。

 

浮き沈みもあると思うんですが、どんな日でもやるべき事をやる。

これしかないんじゃないでしょうか。

 

毎日ちょっとでも走ってれば嫌でも自然に身体は出来ていくし、毎日ちょっとでも勉強すれば必ず賢くなっていきます。毎日他人に優しく接すれば人間関係も必ず良くなるし、毎日ちょっと節約すればお金も必ず貯まるはずです。

 

これらのことは自分の責任でいつでもどんな状態でもできますし、実行すれば効果はかなり確からしいです。でも1日を切り取ると良い日悪い日はあると思うんですが、ちょっと引いてみると右肩上がりに良くなるのは確実です。

 

だからどんな状態であっても「やるべきことをこつこつやる」

これしかないんじゃないでしょうか。

 

就職してそのまま何も変わらなくても終身雇用制(もう古いね)に乗っかっていけば、そこそこ稼げるかもしれませんが、それってつまらないと思うんです。

 

昨日よりちょっと早く走れるようになったり、分からなかったことが分かるようになったり、今までと違う仕事ができるようになるのが成長であり、毎日の醍醐味な気がするんだなぁ。

 

今日のブログは短いね。短い。

報酬いくらにするかを決めるのは難しい

2月頭に人に手伝ってもらってエイチマン商店の中をリニューアルすることにしました。私自身、初めて人にお金をお支払する経験で新鮮です。

 

今まではお金を頂く側でしたが、お金を払う側になるといろいろと感じる事があります。

 

今回は時給でお支払するのですが、何故この金額なの?と言われても説明ができません(笑)私の住んでいる地域の最低賃金は850円くらいなのですが(やす)、本当に単純作業なら850円でいいやーって感じなのですが、今回お手伝い頂くのは能力も高く、さすがに850円でお願いしますとは言えません笑

 

では何故1,250円なのか?分からんね。

ただ850円以上のバリューを発揮していただけるだろうという期待を込めて1,250円で提示しました。一般的には時給1,250円って高いかもしれませんが、年収500万円の人の時給って2,500円くらいなので全然安いし、サラリーマンの時給が高いのかどっちがどうなのか分かりません。

 

人件費も投資なのか、単純に人を使うという作業なのか、なかなか払う側になると勉強になります。少なくともこいつは給料以上の仕事をする奴だと思われるのがもらう側としては重要ですね。

スケジュールは3ヶ月先まで

靴を磨きながら映画を流し観るという時間の使い方を覚えたエイチマンです。

昨日はブログをさぼってすみましぇん。

 

今日のテーマはスケジュールは3ヶ月先まで大体決めておくという話です。

皆さん手帳は使ってますかね?私は使っています。

(手帳を4年前にオーダーしたのにまだ出来上がってきません…連絡しても音沙汰無しで前金2万パクられたか…笑)

 

私の場合、スケジュールは3ヶ月先まで決めておきます。当然予定というのは人と会ったり、何かの会に参加するだけが予定だけではありません。自分が決めた目標から落とし込んだ時間の使い方を落とし込んだものが予定です。

 

2020年の目標覚えてますか?忘れないでね。

 

だから毎日勉強する予定があるのならちゃんと時間をブロックしないといけません。それは自分との予定ですね。

 

予定が入っていないと誰かに誘われた時に無為に誘いに乗ってしまうわけです。人生ノリが大切な時もありますが、人に会って食事をするというのは時間も金もかかるという事を覚えておきましょう。自分の中で優先順位をある程度持っておくことが大事だと思います。

 

もちろん人にあって食事をするというのも楽しいですし、気分転換にもなるし、勉強にもなるかもしれないので決して悪いといいたいわけではないのですが、意図的に時間と金を使えると良いかなと。

 

自分との予定、例えば健康になる為に身体を動かす時間を取るとか、家族との時間を増やすとか、勉強するとか。何でもかんでもはできませんので「優先順位」が大事です。

 

私の場合、4ヶ月先の予定を立てようとすると世の中が決まってなくて予定が立てれない場合が多いです。飛行機のチケットが買えなかったり、人が絡む仕事の状況が読めなかったりするので立てにくいです。

 

「5月21日(木)19時から空いてる?」と言われたら大抵の人は空いてると思うのですが、毎日帰って勉強すると決めている人は多分断るでしょうね。

 

時間の使い方は100%自分の選ぶ自由があると思うので自分の人生に100%責任を持ちましょう。

しょぼいアイデアでも拙速と実行力の方が大事

私達は何かアイデアが思い浮かぶともっと上手く出来ないだろうか、良くならないだろうか、と考えを巡らす。

 

それ自体は悪い事ではないんだけど、実行せずに終わってしまうパティーンがよくある。それよりも65点くらいのアイデアを実行して、丸なのか三角なのかバツなのかを確かめて次に進んだ方が良い。

 

その方が65点以上は確実に取れる。もっと良いアイデア…と考え過ぎるとキリがない。世の中には素晴らしいアイデアを持ちながらも成功していない人が大勢いながらも、そこまで大した事ないアイデアを一流の実行力で実行して大成功している人がいる。この世界は多分、やったもん勝ちみたいなところがあると思う。

 

だから思いついたアイデアは即やってみましょうよ。やりながら精度を上げれば良い。

エイチマン商店経過報告

昨日の不良在庫の廃棄は中型トラック5杯分になりました。全部プラスチック製の物なので廃棄にお金がかかります。儲けようと思って仕入れた在庫に対して余分にお金をかけて廃棄するなんてアホらしい話です。仕入れる時には出口を考えてやらないとダメですね。

 

倉庫を整理していたら67年前に購入されたひいじいちゃんのシルクハットがほぼ新品の状態で出てきました。内側に手書きで名前が書かれていました。私はひいじいちゃんに会った事ありませんが、67年の時を経てひいじいちゃんの生きた証に会えて良かったです。エイチマン商店に飾ることにしました。

 

さてエイチマン商店に新しいスペースが出来たので近所より貰い受けた古い什器を店内に運んできました。多分50年位前のもので独特な雰囲気を出してくれてます。物が動くと私自身の思考も変わるのでいろんなイメージが浮かんできます。古いものを手放すと新しいものが入ってきます。

 

単なる金儲けではなく思いや使命がある事業にする為にどんなアイデアでやるのか。やったからこそ次に分かることがあります。

 

春から会計事務所に入るんと違うんかぃ!と突っ込まれそうですが、もちろん入りますが、私はやりたいこと全部やりますので。これも大事。勉強になるしね。

新しく入った什器の写真を載せておきます。アクセサリーとか入れたらかわいいかもね。

f:id:h-man1987:20200117131437j:image

強い管理を作る

皆さんパンツ何枚持っていますか?ズボンじゃなくてパンツです。

私は6枚持っていて内2枚がお股に穴があいています。

洗濯を怠るとパンツ不足に陥ります。

 

靴下は何組持っていますか?

そして、かわいそうなかたいっぽ靴下ちゃんはいませんか?

(稲中卓球部知ってる人いない?)

 

今日は管理が甘くなると無駄が増えていくという話です。

 

エイチマン商店は物が多くてぐちゃぐちゃしています。そしてどんなものがどこに何個あるのかを正確に把握できていないために、在庫があるのに重複して仕入れたり、お客さんが来てもすぐに物が出せずに売り逃すということをしてきました。

(今日は不良在庫どもをトラックに積み込んでゴミ置き場に移動させます)

 

それに反してこんな事例もあります。

 

私が商社に勤めていた頃、監査で会計士からある在庫の処理が間違っている恐れがあるから、確認して欲しいと言われました。私は監査の対応をしていたのでその在庫がある部署に出向いてそこの課長さんに確認する事にしました。

 

その部署の課長さんはかなり体育会系な商社マンです。その部署は在庫が数十億あったと思いますが、処理誤りの在庫は10万円ぽっちだったと思います。なかなかワイルドな方だったので10万円ぽっちの在庫について聞きに来たほぼ新入社員の私なんて怒られるんじゃないかと思ってました。

 

それに「在庫が数十億もあってその中のこんな少ない在庫の事分かるのかなぁ…」と思いながら、その課長さんに聞くと、独自で作成された在庫表をお持ちで1円まで全ての在庫を把握されていました。その場で回答を頂き、その在庫の問題は解決しました。

 

そして法則?に気付きました。

 

私が勤めていた商社は「課」が数十課あり、その課の数だけ課長さんがいるわけです。そこに監査の質問を一斉に送信すると、儲かっている課の課長さんの返事は早いという傾向があることに気づきました。(これはあくまで私の所感ですのでね)

 

これはどういうことかというと多分、管理が出来ているから監査の質問にすぐに答えられるんじゃないか、そして管理が出来ているから課の運営も無駄なくできるんじゃないかということです。だから儲かっているんじゃないかということです。

 

「管理」というのは良いイメージを持たれないかもしれません。雁字搦めな印象もあるかもしれませんが、良い組織というのは管理ががっちり行き届いていながら、やるべきことはしっかりとやって、成果もしっかり出る組織ではないかなと。強い管理があるわけです。見える化もそのうちの一つですかね。

 

ダメな組織は管理がぼやっとしていて、なぁなぁで中途半端に人に優しくて、成果が出ない組織、そして組織もろとも泥舟状態。。。

 

話は変わりますが、運動を続けると髪の毛や肌のつやが良くなります。これは勝手にエイチマン理論なのですが、毛細血管が出来上がってすべての細胞に血液が行き渡るからだと考えています。(科学的な根拠はありません)

 

だから人間も組織も管理が行き届かず意識されない箇所が出てくると壊死しだすのかもしれません。

 

個人レベルでも自分のパンツが何枚あるとか持ち物在庫リストを作ろうと思っています。そしたら無駄遣いも減るし、多分スーツケース1個分くらいの物しか要らない気がします。

 

という事でエイチマン商店は強い管理を目指します!

今日はまともにブログが書けたかな?

(現在エイチマン商店は3月下旬から需要が高まる盆栽商戦に向けて準備中です。世の中的にはバレンタイン商戦が始まる頃ですがエイチマン商店は盆栽商戦の方が大事です。エイチマン商店よ、波に乗るのだ!!)

将来が楽しくなるようなことを毎日1時間やる

毎日、エイチマン商店の改造をしています。ひとりでやっているので全然進みません。ただこういう風になったらいいのになという理想に向かって、ステップを一つずつ上がっていく感覚があるので大きな変化はありませんが、昨日やる事より今日やる事はほんの少しだけですが違って面白いです。

 

一日にガバっとできたら良いのですが、なかなかそうはいきません。

 

毎日毎日同じ対象に向かって行動を積み上げていくと気付いた時には周りの景色が全然違うことに気付く時があります。

 

何でも良いので毎日続けましょう。このブログも書くことがなくても絞り出して毎日?書いています笑

 

人間は基本的に自由なので何をしても良いのですが、決まったメニューに自分を当てはめていこうとすると自分を変えないとできなかったりします。自分の描く姿があるのなら毎日、行動を積み重ねましょう。

 

2020年の目標は何でしたっけ??

物の価値って何で決まるの?

先日、30年前に仕入れた剪定鋏を22,000円で売りました。

(定価より高く販売しました)

職人が手で打つ鋏です。ちなみに仕入値は30年前で11,000円。

刃を閉じるとヌメッとします。

 

30年前の11,000円って今で言うと幾らなの?

私が生まれたくらいだからそんなには変わっていないのか?

インフレ率とかよくわからんのですが…笑

 

ハサミに22,000円って高いと思います?

仕入で11,000円って事は問屋を通しているので職人さんに入る金額は当時としてはもう少し少ないはずです。今なら1日働けば10,000円くらいもらえますよね。

アップルのアイフォンは10万以上しますね。

 

30年という月日を経て、物の価値とは何なのか、考えさせられます。

ちなみにこのハサミなのですが、皆さんはどう感じますか?

私は手放したくなかったので22,000円という高値をつけたんです。

 


手作りの庭師鋏

 

そして寅さんの動画も面白いので観てみて下さい。


寅次郎、えんぴつを売る ~男はつらいよ「拝啓車寅次郎様より~

 

商売人はここらのことはよく考えておくと良いかもしれませんね。

真似できる所まではさっさとやってしまう

毎日公園で全力疾走しているエイチマンです。エイチマン商店の再興に向けて空き時間を投入しています。

 

私はメルカリを使って商品を捌いているのですが、最近私と同じような商品で商売をしているアカウントを見つけました。かなり手広くやっておられて販売実績も私よりだいぶ多いので参考にしています。というか丸パクリしています。

 

その人と同じことが再現できればその人と同じ実績を出せるはずです。そこに「あの人は特別だ」とか「私は違う」とか、そんなことを考えるのは時間の無駄だと思います。

 

真似する中で分かってくることもあるし、それを生かしてその人より良いサービスや販売をできればその人を超えられるはずです。

 

だから真似できる余地があるのであれば余分な思考を停止してさっさと真似できる所まで真似してしまう。行動量が全ての局面と言えるでしょう。

 

今日のブログは短いね、うん短い。

ブログを読みに来てくださる方が読みたい!と思うように寄せて書こうかなと思ったりしたんですが、続かないのでやめておきます笑 ページビュー数目的じゃないからね。

(審査に通らないだけなんだけどね笑)