人生を楽しむエイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

社会人になってから成長する人は意外と少ない

何回も言うが私は今、無職だ。

ただ自分に素直になってこの選択をして良かったと心から思っている。

今の状況にも感謝している。

もちろん毎日勉強をしているし、空き時間でいろんな実験のような事をしている。

今まで自分がやったことのないことをするのは本当に面白く、学びがある。

会社を2,3社転職したが、今思うとそれをしていなかったら自分はどうなっていたかと思う。

もちろん、会社勤めの人を否定するわけではないが成長を求める自分にとって1社に勤めていたら今の自分がないのは事実だ。

一つの会社の中で得られる知識は限られる。

というか正確に言うと創造性が働かない環境が成長を妨げてしまう。

毎月同じ給料で自分から辞めると言わない限り、日本の会社では雇用が保証される。

このシステムがある日本は本当に素晴らしいと思うが、創造性が働かないあまり、増える業務量に対して時間や労力でカバーしようとしている気がする。

そして得たお金を使う度に苦しくなるような生活をしている。

 

先日会ったクリエイターの方から面白いアドバイスを受けた。

・自分にも他人にも素直になること。

・やりたい事をやる人生の方が幸せ。

・やりたい事をやった結果に対して他人がお金という評価をする。いくらがつくかは分からない。お金は後だから気にしない方が良い。

・みんなお金で解決しようとし過ぎ。

 

学生を経て、サラリーマンとして働く時間は自分の時間ではないのかもしれない。

多くの人が自分の本当にやりたいことをやらずして、

学生時代→会社員時代→老後→天国

という流れに無意識に身を任していては安定はあるかもしれないが、成長や学びは少ないかもしれない。

 

うーん、うまいことまとまらんね笑