人生を楽しむエイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

諦めずに原因を作り続ける

人は普段、自分の観念の中で生きています。

観念の意味を調べると…

かん ねん くわん- [1] 【観念】

( 名 ) スル
物事について抱く考え意識。 「彼とは義務の-が違っている」 「経済-に欠ける」 「時間の-がない」 「固定-」
あきらめること。覚悟すること。 「もうだめだと-した」
 
私が今回書きたいのは①です。
(普段使わないけど、②の意味があるのも面白いですね)
 
地球や宇宙自体には観念という概念がありません。
あるのは人間の意識の中だけです。
 
皆さんも分かるように観念というのはすごい影響力があります。
ある意味、思考の限界と言い換えても良いような気がします。
普段の生活は観念が自分を「管理・支配している」ような状態です。
自分は年収1億円にはなり得ないと心の底から本当に思っているわけです。
そう思う人にはその方法は思い浮かびません。
 
観念の外に出ると人間はすごく不安な気持ちになります。
例えば好きな人に告白してどうなるか分からない時や夢を追いかけて退職して期待と不安が入り混じる時とか。ただ観念の外に出て行動を続けると人間は成長し、「変わる」ことができます。
 
また自分が思っていること以外の想像を超えた出来事が起きると人間は驚きます。
それは「観念が現実に追いついていない状況」といえると思います。
 
だから観念から自由になって自分の目指すものの為に日々努力をしていったら良いと思うんです。
うまくいかなくても毎日続けていれば前進しているわけです。いつかできるようになるわけです。
 
観念の外にある出来事に向かって原因を作っている状態を諦めずにキープすべきです。

成功のための知識・遅れの法則とは?成功の引き寄せは目前!

他人様のページで恐縮ですが、まさに遅れの法則なわけです。

なのでどんな良いこと悪いことが起こったとしてもそれは成功に向かう道中なわけです。

 

なので皆さん「安心してやることやってください。」