人生を楽しむエイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

ひとりで出来なきゃ、みんなでやろう

2019年になってから1週間が過ぎました。

みなさん年始に決めた目標に向かって毎日行動しているでしょうか。

まさかもう忘れたなんてないですよね?笑

 

私は6月のトライアスロンの大会に向けて練習を開始しました。

週1回水泳の練習会に参加しています。あとはバイクとランニングです。

 

バイクは当日90㎞漕いでランニングは21㎞走ります。水泳は1.9㎞です。なかなか自分を追い込むのは難しいです。一人で練習しているとどうしても怠けてしまいます。人間だからそういう風にできていると思います。

 

たまに私がやるのは「人を誘う」という事です。私が達成したいことは6月のトライアスロンの完走です。それなりに練習しないと完走はできません。一人で練習もつまらなかったりします。

 

なかなか同じ大会に出る人が見つからないのですが、当日は近づいてきますので練習はしたい。そんな時はまず人と話している時に運動の話をします。

 

そうすると30歳くらいのメンズは大抵、運動不足だったりしますので

「俺もやりたいんだけどねぇ…」とみんな言います。

 

そこで自分が出たいと思っている大会に誘うのです。

ちょっとですが、強く提案します。

 

それで今年は3月の琵琶湖148㎞バイクと10月の盛岡フルマラソン42.195㎞にエントリーが決まりました。6月までにいろいろ入っています。

 

(当然ですが、誘う人は完走できそうだけど少し頑張らないと完走できない人を誘います。無茶なトライは危ないですからね。)

 

ここで面白いのは自分の中で優先順位がある人は断ったりします。全然OKです。

断られると何だか私の中では嬉しくなります。いいねってなります。

ノリで出る!ってなる人はそれはそれで良いと思います笑

 

なし崩し的になんとなく誘われるからうにゃうにゃ~っとなる人は自分の中の優先順位や目標が明確に決まっていない人かもしれません。

 

私はお誘いがあった時に

・ピンとくるもの

・自分の目標に貢献するもの

に対しては喜んでいくようにしており、うーんっと思うものはお断りします。

 

この時にすぱっとお断りすることが大事だと思います。迷っているとその人のエネルギーを使ってしまうので「誘ってくださってありがとうございます。今回はやめておきます」と。日本人は「良い人」なので丁寧に迷ったりしますが、一切不要!

 

ただ不思議と「気」が向く事はやった方がいい場合が多いと思います。頭で考えることは大事ですが、直感で感じ取るのも大事だと思います。

 

脱線しましたが、一人より誰かと一緒の方が頑張れます。勉強も運動も仕事も。人を巻き込むとその人を思うプラスの気持ちが生まれます。他人を思うプラスの気持ちは「愛」だと思います。

 

あの人も頑張ってるし、自分も頑張らないと。

自分が頑張ればあの人も頑張ってくれるかも。

もっともっと頑張ろう!となるわけです。

 

少しきつめの運動に誘うのもその人にとっては長期的にみて身体に良いのは間違いないし、良い影響があるからです。

 

だから良い事で自分ひとりでは心が折れそうだという事には誰かを巻き込んでみましょう。

 

誰も誘いに乗ってくれなかったとしても、それでも自分の力だけでも成し遂げる!と思えるのが本当の目標だったりすると思うのでそれはそれで大切です。