人生を楽しむエイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

仮想通貨(よくわからないものについて多くの人は悪く言う)

少し落ち着いたが、仮想通貨が世の中を賑わせている。

私も口座を作って少額だが、やってみることにした。

この事を友人に話すと「あんなもん止めておけ」という感じだった。

両親にも反対されたが、面白い事にやったことない人は大抵悪く言う。

それはおそらく自分にとって得体の知れないものは怖いからだ。

僕もそれには同感だし、そう思う事だって世の中にはたくさんある。

多分、それは人間の本質なんだと思う。

 

でも事実は一つだが、解釈は無数に存在している。

私が仮想通貨取引を始めたいと思ったのはこれからのお金の動きとITについて詳しくなりたいと思ったからだ。

億り人になれたらラッキーだが、そんなつもりはない。

労働で稼ぐお金が一番だとも思っている。

 

ただ仮想通貨取引を始めるにあたって仮想通貨に関する書籍を4冊読んでみた。

FXに比べて仮想通貨はまだまだ未知で書籍も少なかった。(地方だから!?)

書籍の内容もFXのやり方からそのまま持ってきたような内容が多かった。

本を読んだら何となくだが情報は仕入れることはできた。

 

投資の面白い所はここにあると思う。

勉強になるのだ。例え、投資額が少なくても自分がやってみると話に参加することができる。やったことがないと話にも参加できないし、知ったからこそ次があったりする。

ニュースから流れている横文字がわかるようになるのだ。人間は自分の金が絡んでいると敏感になる(笑)

ブロックチェーン」とかね。

 

書籍の中にこれから必要なものということで下記が載っていた。

 

①英語力

②ITの知識

③お金の教養

④行動力

 

知らないからやらない、良く分からないからやりたくないというのは本人の怠慢だと思う。家でごろごろしている時間があるなら口座だけでも作ってみればいい。

私は地方都市に住んでいるが、時代の変化にはついていきたい。

これだけスマホが浸透して情報は地球上で均質化されている。

地方だから良く知らないというのはいなかっぺだ。ださいと思う。

逆に言うと地方で知っているからこそ希少価値が出たりする。

変化についていく人か、変化に置いていかれる人かは本人の選択だ。

 

【ここから仮想通貨についての私の予想】

これから仮想通貨というのは現在より浸透するのではないかと思う。

お金は信用なので世の中に認められれば、価値がつく。

使う人が増えれば、価値が出る。

 

「金(ゴールド)」はただの鉱物にも関わらず、世界中の人が価値を認めているから価値がある。

 

おそらく紙幣だってそうだ。おそらく使い始めの頃はこんな紙じゃなくて金をよこせ!みたいな人はいたんじゃないかな。次はこんな紙じゃなくて仮想通貨をよこせになるかもしれない。

 

投資は自己責任でなくなっても良いお金でやるのが大前提です。

私は授業料として投資をしているので儲かれば、更にラッキーです。

 

皆さんも良く分からないものに手を出して、既知のものにしてしまいましょう。

行動が全てです^^