人生を楽しむエイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

人生の半分は社会から求められる事をして、半分はしたい事をする

先日、経営者の方にお会いして雑談をしてきた。

その方が仰っていたことで印象的だったことが今日のテーマ。

『人生の半分は社会から求められる事をして、半分はしたい事をする』

世の中的には働き方改革やyoutuberのような好きなことして食っていく的な流れがある。

自分のしたい事を仕事にするのは全然OKだが、それが社会から求められていなければ金銭を得て食っていくことはできない。

企業家はまさにドラッカーが言うように『顧客の創造』をした為、うまくいっている。

 

勘違いするとまずいのはまず社会が先にあるという事。

自分が先にあると思うと本当に自分のしたい事をして何でうまくいかないんだろうと悩むことになる。

 

自分の家の近くにフクロウの手作り雑貨を売っている多分、個人商店がある。

朝早くから夜遅くまで営業しているが、お客さんがいるところを見たことがない。

(通販とかで儲けてたらすいません…)

この人は多分、フクロウが好きで手作りが好きでそれを仕事にしたんだと思う。

(食っていくレベルなら問題ないのかな)

 

良い悪いではないのだが、金銭的にも成功したいのであれば、踏み外さない方がよい。

私もかつて釣りが好きで釣具屋でバイトしたことがあったが、面白みは少なかった。

 

私は他の人より数字に少し強くて、新しいことを知ることが好きで、企業の役に立つことにやりがいと感じる性質がある。

 

自分が得意で、好きで、社会から求められている事を仕事にできれば幸せかもしれない。そして得たお金で自分の家族を幸せにし、趣味も楽しめば人生面白いことしかない。