人生を楽しむエイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

原点に戻る

会社を退職して1週間が経過した。

大学を卒業してから働かない時間を持つのは初めてだ。

働いていた時よりも格段に早く起きれるようになったから不思議だ。

 

早起きをしてランニングをするのが習慣だが、その時間は不思議な時間だ。

朝は脳みそがリセットされているので「本来の自分」に戻れる瞬間がある。

心が躍るというか、わくわくする瞬間だ。

こういうことを人生で叶えたいなとかが頭に勝手に浮かんでくる。

大学生の頃に初めて海外に行った時のような高揚感がある。

 

これまでの私にはその時々で「夢」のようなものがあった。

小学生の頃には弁護士になりたい

中学校の頃には消防士になりたい

高校生の頃には外交官になりたい

大学生の頃には社長になりたい

 

そして今は30歳になる。この10年社会について学んできたつもりだ。

やりたいことを思いっきりやっている人間に多くの人が巻き込まれているというのが社会だと感じる面がある。(特にB型の私はそう感じる)

巻き込まれる人が決して悪いわけではなく、そういう人たちがいるから成り立っている。

ただそういう人達にも実はやりたいことがあるのに我慢しているというのは人生もったいないと思うし、哀しいことだと思う。

 

上記の夢はそのときどきの少ない経験の中でいいなと思う職業であり、自分が感じるその職業の魅力の要素が自分の最終的になりたい姿に繋がっていると思う。

 

ある意味、二度目の学生期間を頂いている自分としてはこういう時間は人生で必要かもしれない。

まだ日本には転職は悪だ的な要素があると思うが、5年とか10年の区切りでキャリアを築きながら無駄遣いせずにお金を貯めて、半年とか1年また自分のしたい勉強に充てるというのは悪い選択ではないと思う。

 

何となく働いてたら定年を迎えてました、では辛すぎる。

特に若い自分はもう帰ってこない。

歳を重ねると良い意味でも悪い意味でも現実的になる。

思考が凝り固まってきて、超現実的な人間になってしまう。

勝手に自分の世界を作ってしまう。不可能なことなんてない。

 

点いたばかりの線香花火のように若い時はパチパチ燃えよう。