人生を楽しむエイチマンのブログ

トライアンドエラーそしてサクセス

あなたは何の「プロ」か。

日本代表良い試合でした。頑張る姿は感動しますね。

私はトライアスロンをやっているが、タイムよりは完走という事に価値を置いている。

より早いタイムを出したいとは思うが、プロ選手に追いつけ追い越せという気は全くない。健康体力・自信作りと人間関係構築を目的にやっている。

何故なら私はトライアスロンの「プロ」ではないからだ。

 

プロという言葉はとても曖昧な感じで使われるが、生計を立てていたり専門にしているという意味がある。語源は公言するという所らしい。

 

皆さんは「私は○○のプロです」と胸を張っていえることはあるだろうか。

多くの人はサラリーマンであれ、お金をもらっているのである意味、その会社のその業務については「プロ」なはずだ。皆さんの周りには「プロ」はいるだろうか。

 

私の周りに「プロ」と呼べるような人はいないし、残念ながら私も「プロ」ではないと思う。プロフェッショナルって相当なレベルのことを指すような感じがします。

 

これも偏見かもしれませんが、特に男性は現代において仕事で自己実現しなければつまらないと思うんです。(私が思うだけですよ)

 

プライベートや趣味で自己実現するのも決して悪いことではないんですが、私が思うに私が仕事よりもトライアスロンの方が楽しいからそっちを頑張る!!というのは何となく違うと思っています。

 

自分はこの業界、この分野に置いてはプロです!と言えるようになる。どんな軸であってもそれに向き合う人生というのが私は良いなと思います。